【画像解説】エックスサーバーでWordPressを設置する3つの手順

サーバーとドメインの設定が完了したら、ブログの開設は目前です。

エックスサーバーの『自動インストール』機能を使い、WordPressをインストールしていきましょう。

そのまま『自動インストール』を使っても良いのですが・・・

そうすると、データベースが意味のない英数字の羅列になり、管理がしにくくなります。

管理のしやすさを保つためにも、データベースの作成から、WordPressの設置手順を、画像つきで解説していきます。

エックスサーバーにWordPressを設置する3つの手順

エックスサーバーにWordPressを設置するには、以下3つの手順が必要です。

  1. MySQL(データベース)のユーザを追加する
  2. MySQL(データベース)を作成する
  3. WordPressを『自動インストール』する

それぞれの手順について、詳しく解説していきますね。

1. MySQL(データベース)のユーザーを追加する

まずは、MySQL(データベース)のユーザを追加しましょう。

ユーザにデータベースを使う権限を与えないと、データベースは使えません。

そのため、最初にデータベースのユーザを追加する必要があるのです。

エックスサーバーの、サーバーパネルにログインしましょう。

『MySQL設定』をクリックします。

MySQL 設定

『MySQLユーザ追加』のタブをクリックし、ユーザIDとパスワードを設定します。

ユーザIDとパスワードは、メモ帳に貼り付けるなどして、保管しておきましょう。

MySQL ユーザ 追加

『MySQLユーザの追加(確認)』 → 『MySQLユーザの追加(確定)』とクリックすれば、MySQLユーザの追加は完了です。

『戻る』ボタンをクリックしましょう。

2. MySQL(データベース)を作成する

続いては、MySQL(データベース)の作成です。

『MySQL追加』のタブをクリックし、『MySQLデータベース名』を入力します。

データベースは、ブログごとに異なるものを使うので、「どのブログに使っているか?」がわかりやすい名前をつけましょう。

文字コードは、標準で『UTF-8』となっていますので、変更する必要はありません。

『UTF-8』以外のものになっていた場合、UTF-8に変更し、『MySQLの追加(確認)』をクリックしましょう。

MySQL 追加

画面が切り替わるので、『MySQLデータベースの追加(確定)』をクリックすれば、データベースの作成も完了です。

『戻る』のボタンをクリックした後、『MySQL一覧』のタブをクリックします。

作成済みのデータベースが一覧で表示されているので、いま作成したデータベースを見つけます。

そして、『アクセス権未所有ユーザー』の欄にあるボックスをクリックし、手順1で追加した『ユーザ名』を選択。

『追加』をクリックすると、データベースが利用できるようになります。

画面右上にある『トップ』のリンクをクリックしましょう。

データベース ユーザの設定

データベースが利用できる状態になったら、WordPressをインストールしていきます。

3. WordPressを『自動インストール』する

最後はいよいよ、WordPressのインストールです。

まずは、WordPressをどのドメインに対して設置するか?を指定します。

画面右下にある『設定対象ドメイン』から、ブログを開設したいドメインを選び、『設定する』のボタンをクリック。

WordPress ドメイン 設定

管理画面の右上に、『現在の設定対象ドメイン』が表示された状態で、『自動インストール』をクリックしましょう。

WordPress 自動インストール

自動インストールの画面が表示されますので、『プログラムのインストール』のタブをクリック。

『WordPress日本語版』の『インストール設定』をクリックしましょう。

WordPress インストール設定

表示された画面の項目のうち、

  • ブログ名
  • ユーザ名
  • パスワード
  • メールアドレス

を入力します。

ユーザ名とパスワードは、WordPressにログインする際に必要になります。

そのため、ユーザ名に関しては、覚えやすいものを。

パスワードに関しては、意味のない難解な文字列を設定しましょう。

良いパスワードが思いつかない場合は、以下のパスワード作成サイトにて、パスワードを作成するのがおすすめです。

パスワード生成(パスワード作成)ツール

WordPressからの更新通知が来ますので、メールアドレスに関しては、普段使っているメールアドレスを設定します。

また、ブログ名とメールアドレスに関しては、後からでも簡単に変更可能です。

WordPress インストール設定 メールアドレス

データベースに関しては、手順1と2で設定したものを使用するため、『作成済みのデータベースを利用する』を選択。

  • データベース名
  • データベースユーザ名

を、今回作成したものに設定します。

データベース用パスワードには、MySQLユーザ名を追加する際に決めたパスワードを入力しましょう。

パスワードの入力まで済んだら、インストール(確認)をクリック。

データベース インストール 設定

WordPressをインストールするための、確認画面が表示されます。

再度、設定対象ドメインなどを確認し、問題がなければ、『インストール(確定)』をクリックしましょう。

WordPress インストール 確定

これで、WordPressの自動インストールは完了です。

画面に表示されている、

  • ID
  • PASSWORD

をメモに控え、忘れないようにしておきます。

WordPress 自動インストール

画面に表示されているURLをクリックすると、WordPressのログイン画面が表示されますので、このURLを、お気に入りに登録しておきましょう。

この画面で、先ほどメモに控えた、IDとPASSWORDを入力すれば、WordPressにログインできます。

これで、あなたオリジナルのブログが開設できました!

お疲れさまです。

そして・・・おめでとうございます!

おわりに

これで、WordPressの設置は完了です。

少し大変でしたでしょうか?

ブログの開設は、そう頻繁にやることではありません。

なので、こんな大変な思いをするのも、これっきりです(笑)

ブログの開設は完了しましたが、もう少しやることがあるんです、すいません。

続いては、ブログのURLを『https://』から始まるものにする『SSL化』についてのお話をしていきます。

ただ、ひとまず、今回はここで終了です。

お疲れさまでした!