googleアナリティクスとはなにか?何がわかるのか

こんにちは、宮瀬です。

 

以前の記事で、ブログ運営にはアクセス解析が欠かせないというお話をしました。

アフィリ初心者必見!ブログ運営に欠かせないアクセス解析とは何か?

その中でご紹介した、アクセス解析サービスのひとつが「googleアナリティクス」です。

 

今回は、

「googleアナリティクスとはなにか?」

ということから、

「googleアナリティクスではどんなことがわかるのか?」

までをご紹介していきたいと思います。

googleアナリティクスとはなにか?

googleアナリティクスとは、検索エンジンのgoogleが提供するアクセス解析サービスです。

ブログの訪問者数という基本的なことから、ブログ訪問者がどんな端末からアクセスしてきたかなど、非常に高度な解析もできます。

まぁでも、アフィリエイターが実際に使う機能というのは、結構限られています。

 

それから、ユニバーサルアナリティクスという仕組みも、googleアナリティクスの特徴です。

この仕組みは、ログイン履歴などから訪問者を特定し、異なる端末でも、同じ人なら「1人」のアクセスと認識するというものです。

この仕組みのおかげで、より正確なアクセスの解析ができるようになっています。

 

その他にも、googleアナリティクスには、アフィリエイトでは使い切れないほどの機能があります。

実際、僕も使ったことのない機能のほうが多いです(笑)

それでもやはり、情報の正確性とか、得られるデータの多さから、僕は現在アナリティクス以外のアクセス解析は使っていません。

googleアナリティクスではどんなことがわかるのか?

googleアナリティクスでわかることは、それはもうたくさんあります。

でも、アフィリエイトに必要そうな部分を切り出すと、以下のような感じになります。

  • アクセス数(セッション)
  • セッションの平均時間と離脱ページ
  • 人気の記事
  • 検索キーワード
  • どこから自分のブログにたどり着いたか
  • 新規とリピーターの割合

順に、詳しく見ていきます。

アクセス数(セッション)

まずはアクセス数です。

単純に、自分のブログにどれだけのアクセスがあったのか?ということがわかります。

googleアナリティクスでは、1人の1回の訪問のことを「セッション」と呼びます。

 

これと混ざってしまいがちなのがPV(ページビュー)です。

PVはページが見られた数であるのに対し、セッションは訪問者の数のことを指します。

 

つまり、1人の人が1回のアクセスで3ページ読んだ場合、

  • PVは「3」
  • セッションは「1」

とカウントされます。

 

PVとセッションは似て非なるもので、わかりづらい部分でもあるので、ここでしっかりと理解しておきましょう。

セッションの平均時間と離脱ページ

セッションの平均時間は、訪問者が自分のブログにいた時間の平均です。

また、離脱ページとは、訪問者がブログから帰ってしまったページのことです。

 

セッションの平均時間を上げることは、SEO上でも有利に働きます。

なぜその訪問者は離脱した(ブログから帰った)のか?

ということを、離脱ページから推測して、ブログのコンテンツを増やしましょう。

 

ちなみに、訪問した記事のみで離脱した場合は、セッションの時間は00:00と表示されます。

人気の記事

ブログを書いていると、必ず比較的セッションが多い記事が出てきます。

それがいわゆる、人気の記事というものです。

人気の記事には、人気の理由があります。

 

タイトルの付け方がよかったのか?

ライバルがいなかったのか?

ということはgoogleアナリティクスではわかりませんが、人気の記事の特徴を探して、他の記事を改善することで、他の記事も読んでもらえるようになります。

 

また、人気の記事に内部リンクを貼れば、他の記事にアクセスを流すこともできるでしょう。

検索キーワード

訪問者が、どんなキーワードで検索して自分のブログにたどり着いたのか?

ということも、googleアナリティクスではわかります。

 

さらに、検索キーワードで自分の記事が表示された回数もわかります。

検索されたキーワードの表示が多いにも関わらず、あまりクリックされていない場合は、その原因を突き止めて改善していきましょう。

どこから自分のブログにたどり着いたか?

googleアナリティクスでは、訪問者がどこから自分のブログにたどり着いたのか?

ということもわかります。

 

検索エンジンならヤフーなのか、グーグルなのか?

SNSならフェイスブックなのか、ツイッターなのか?

などがわかります。

 

例えば、ツイッターからの訪問が多い場合には、フォロワーの数を増やすなどして、訪問者の増やすこともできるでしょう。

新規とリピーターの割合

新規とリピーターの割合は、自分のブログの人気度の目安ともなります。

リピーターが多いほど人気のあるブログといえますし、SEO上も好ましいです。

実際のお店も、リピーターが多いほうが人気ですよね?

 

この新規とリピーターの割合は、ある程度ブログが成長してきたらチェックしましょう。

新規に比べてリピーターがあまりにも少ない場合「また読みたい」と思われるブログになっていない可能性が高いです。

アフィリエイト的なブログの場合は難しいですが、できるだけリピーターも増えるようなブログにしていきたいですね。

おわりに

今回は、googleアナリティクスの概要とわかることを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

googleアナリティクスに表示されるのは、ただの数字でしかありません。

しかしそこには、訪問者(お客さん)の生の声が含まれています。

 

アクセス解析を導入したからOK!

ではなくて、得られたデータからブログを改善してこそ、アクセス解析の意味があると言えます。

始めのうちはブログの更新でいっぱいいっぱいかもしれません。

でも、ある程度慣れてきたらgoogleアナリティクスからヒントを得て、ブログを改善していきましょう!

 

googleアナリティクスの導入は、以下の記事が参考になります。

googleアナリティクスの設定~トラッキングコードから導入まで~

 

googleアナリティクスの詳しい見方はこちら。

【2017最新】googleアナリティクスの見方を詳しく解説!

 

それでは、今回はこのへんで。