アフィリエイトで商品を売るために必要な文章量は?最低何文字いる?

こんにちは、宮瀬です。

 

この記事を開いてしまったあなた、残念ながら私と同じにおいがしますよ~(笑)

ひょっとして、めんどくさがり屋さんですね?(笑)

 

でもまぁ、その気持ちもわかります。

アフィリエイトって、文章書くのめんどくさいですもんね!

 

でも、アフィリエイトで商品を売りたいという場合は、しっかりと文章量を確保しなければなりません。

アフィリエイトは、きちんとしたビジネスですからね。

 

ということで今回は、アフィリエイトで商品を売るために必要な文章量と、1記事には最低何文字必要なのかということについて、お話していきます。

アフィリエイトで商品を売るために必要な文章量は?

結論から先に言うと、1記事あたり1,500文字くらいの文章量は必要です。

その理由は、以下の3つ。

  1. 検索する人は、情報を探している。
  2. オリジナルコンテンツとして認識してもらう。
  3. 色んなキーワードで集客できる。

検索する人は、情報を探している。

あなたがネットサーフィンをする時を思い浮かべてください。

なにか、未知の新しい商品を買おうと思って検索していませんよね?

 

アフィリエイトをしていると、どうしても

「売りたい!売りたい!」

という気持ちが出てしまいますが、検索してあなたのブログにたどり着く人は、基本的に商品を買おうとは思っていません。

検索してくる人が欲しいのは情報です。

 

例えば、記事の文章量が500文字の場合。

当然、売り込むための文章も入っていますから、情報としてはせいぜい300~400文字程度でしょう。

 

こんな文章量の記事を目にした場合、ブログ訪問者はどう思うでしょうか?

「あ、なんか売ろうとしているな」

と思うはずです。

 

ネットの広告で稼ぐ手段があることは、既に世の中の多くの人が知っています。

そして、人はぶしつけに広告を押し出されたとたん、速攻ブラウザバックします。

現に、あなたもそうしていませんか?

 

さて、文章量が1,500文字の場合。

情報量としては、だいたい1,200文字くらいはあるでしょう。

1,200文字というと、原稿用紙3枚分です。

 

このくらいの情報量を提供すれば、アフィリエイト商品の売り込みくささが減ります。

さらに、しっかりとオリジナルな情報を提供していれば、お客さんも付いてくれます。

オリジナルコンテンツとして認識してもらう

これはSEO対策的な部分です。

検索エンジンのグーグルは、時代と共にオリジナルコンテンツを優先して上位表示するようになってきています。

 

記事の文章量が500文字程度の場合、他のブログと似たような内容になる確率が非常に高くなります。

500文字というと、原稿用紙1枚程度です。

この中に詰め込める情報には、限りがあります。

 

他のブログと似たようなコンテンツでは、グーグルから評価してもらえません。

アフィリエイトで商品を売るということ以前に、ブログにだれも来ないという事態にもなりかねません。

オリジナルコンテンツとして認識してもらうためにも、ある程度の文章量は必要です。

色んなキーワードで集客できる

こちらもSEO対策的な部分です。

1,500文字も文章量があると、様々な言葉(キーワード)がでてきます。

この記事は、ここまでで約1,300文字ですが、色んな言葉(キーワード)が出てきていますよね?

 

キーワードについて、まだよくわからないという場合はこちら!

アフィリエイトの超重要ポイント「キーワード」とは何か?

 

アフィリエイトでのキーワードとは、何もタイトルや見出しが全てではありません。

記事本文にしか含まれないキーワードでも、集客することが可能です。

 

これが500文字の文章量だと、出てくる言葉も限られてきます。

1,500文字くらいのボリュームがあると、思わぬキーワードで上位表示され、そこからブログが強くなっていくということもあり得ます。

集客という面でも、ある程度の文章量は必要なのです。

アフィリエイトで商品を売るためには、最低何文字いる?

ここまで読んでくれたならお分かりだと思いますが、理想は1,500文字程度です。

もちろん、それより多く書いても良いですが、長すぎてもグダグダになる可能性があるので、そこは注意です!

 

逆に「じゃあ最低何文字か?」と言うと、1記事1,000文字くらいの文章量が欲しいところです。

ただ、真剣に何かを伝えようと思ったら、このくらいは書けると思います。

1,000文字に届くのが難しいということであれば、もう少し伝えたいことについて掘り下げてみましょう。

 

例えば、何かを伝えるには、まず「結論」がありますよね?

「結論」を先に出して、その理由を付け足していくだけでも、1,000文字くらいは書けるんじゃないかと思います。

 

それでも難しい場合は、最後に自分なりの感想も加えれば、だいたい1,000文字はクリアできます。

おわりに

今回は、アフィリエイトで商品を売るための文章量に注目してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「文章量なんて気にしているうちは、稼げない」

と怒るアフィリエイターさんもいるかと思います。

 

まぁ実際、それはそうだと思います。

文章量を気にするとしても、見やすく売れやすいように、戦略的に削ったりするために気にするべきだと思います。

でも、私もとーってもめんどくさがりなので、文章量を気にする気持ちは良くわかります(笑)

 

で、今回はSEO対策という言葉が出てきたんですけど、SEO対策って結局は

「しっかりと情報を提供できているか?」

ということなんですね。

だから、SEO対策なんて難しい言葉にとらわれずに、自分が発信できる情報を、自分の言葉でしっかりと発信していきましょう!

 

文章量も気にしなくなるように、バタバターっとたくさん書けるようになると良いですね!

というか、書いているうちに誰でも1,500文字くらいはあっさり書けるようになってきます。

最初は大変ですが、頑張っていきましょう!

 

それでは、今回はこのへんで。