個人ブログをSSL(https)化する設定の手順と3つのメリット

WordPressでブログを開設したら、早めに設定しておきたいのが、ブログのSSL(https)化。

昔は、大手企業や一部のサイトしか、SSL(https)化していませんでした。

ただ、今では個人ブログも簡単にSSL(https)化できるようになっています。

そこで今回は、当ブログおすすめのレンタルサーバー『エックスサーバー』を使って、SSL化の設定の手順を紹介します。

また、個人ブログをSSL(https)化するメリットや、そもそもSSLって何なの?というお話もしていきますので、ぜひ読んでいってください!

個人ブログをSSL(https)化する設定の手順3つ

個人ブログ SSL 設定

個人ブログをSSL(https)化するための設定は、以下3つの手順でOK!

  1. エックスサーバーで、SSL証明書を取得
  2. WordPressをSSL(https)化する
  3. 『.htaccess』に、リダイレクトの設定を記述

順に、紹介していきます。

1. エックスサーバーでSSL証明書を取得

まずは、エックスサーバーでSSL証明書を取得しましょう。

エックスサーバーの、サーバーパネルにログインし、『設定対象ドメイン』に、SSL化したい個人ブログのURLを設定します。

続いて、『SSL設定』をクリックしましょう。

エックスサーバー SSL

続いて、『独自SSL設定の追加』というタブをクリックし、『独自SSL設定を追加する(確定)』をクリック。

『CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する』のチェックは、付けないようにしましょう。

エックスサーバー 独自SSL 設定

無事、エックスサーバーでSSL証明書が取得できました。

2.WordPressをSSL(https)化する

エックスサーバーでSSL証明書が取得できたら、個人ブログのWordPress管理画面にアクセスしてみましょう。

おや、SSL証明書を取得したのに、ブログがSSL(https)化されていません。

実はこの時、あなたの個人ブログは、2つのURLで同時に存在しているのです。

ブログの中身は同じなのですが、URLだけ2つあり、そのどちらでもアクセスできるような状態になっています。

つまり、

  • http://〇〇◯.com
  • https://◯〇〇.com

という2つのURLが存在しているということ。

これでは、検索エンジンもどちらのURLが正しいのか、判断できません。

2つのURLで、同じ内容のブログが存在している状態を『混在コンテンツ』と呼びます。

『混在コンテンツ』の解消方法は後に紹介しますので、まずはWordPressの管理画面から、個人ブログのアドレスを『https』からはじまるものに修正しましょう。

WordPress管理画面で、『設定』 → 『一般』とクリックしていきます。

以下2箇所のURLを、『https』から始まるものに変更し、『変更を保存』をクリックしましょう。

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

WordPress SSL化

『変更を保存』をクリックすると、WordPressのログイン画面が表示されます。

そして、このときのURLを見てみると・・・

WordPress ログイン https

『保護された通信』という表示の後に、httpsから始まる個人ブログのURLが表示されています。

WordPressのログイン情報は、httpの時と変わっていませんので、ユーザー名とパスワードを入力し、ログインしましょう。

これで、WordPressのSSL(https)化も完了です。

個人ブログ、混在コンテンツの解消法

ここまでの作業で、個人ブログのSSL化には成功しています。

ただし、まだ『混在コンテンツ』の問題は、解消されていません。

試しに、httpから始まる個人ブログのURLを、ブラウザのアドレスバーに入力してみましょう。

個人 ブログ 混在

なんと、httpから始まるURLも、まだ使えてしまうのです。

この状態を改善するために、『.htaccess』というファイルを使い、httpから始まるブログへのアクセスを、httpsから始まるブログに流すという方法を使いましょう。

ちなみに、この方法は、『リダイレクト』と呼ばれています。

宮瀬隼人宮瀬隼人

難しくなってきたように感じるかもしれませんが、ここから先はコピペでOKなので、安心してください!

3.『.htacsess』にリダイレクトの設定を記述

httpから始まるブログへのアクセスを、httpsから始まるブログに流すため、『.htaccess』に必要事項を記述していきます。

一度、エックスサーバーのサーバーパネル、トップページへ戻りましょう。

設定対象ドメインが、正しく設定されているのを確認したら、『htaccess編集』をクリック。

エックスサーバー htaccess

続いて、『.htaccess編集』のタブをクリックします。

すると、何やら難しそうな英数字が並んだ画面が表示されますが、気にしなくて大丈夫です(笑)

『.htaccess』という欄が編集可能になっていますので、以下の英数字を、すでに記述されている英数字の一番上に貼り付けましょう。

以下の画像のようになっていれば、OKです。

htaccess 編集

『.htaccessを編集する(確認)』をクリックすると、編集内容の確認画面が表示されますので、『.htaccessを編集する(確定)』をクリックしましょう。

お疲れ様でした!

個人ブログのSSL(https)化の手順は、以上で完了です。

試しにhttpから始まるURLを、ブラウザのアドレスバーに入力してみましょう。

ここまでの設定が正しくできていれば、httpから始まるURLは表示されず、代わりにhttpsから始まるURLが表示されます。

ぽちまるぽちまる

お疲れさまでした!

個人ブログをSSL(https)化する3つのメリット

個人ブログ SSL メリット

さて、ようやく個人ブログをSSL化できました!

『保護された通信』というのは、なんとも嬉しい響きですね(笑)

さて、あなたの個人ブログもSSL化できたわけですが・・・

ブログのSSL化には、さまざまなメリットがあります。

中でも、以下の3つに関しては、ブログ運営の大きなメリットでしょう。

  1. アクセス解析の安定
  2. ブラウザに警告が表示されない
  3. 検索順位への良い影響

順に、詳しく紹介していきます。

1. アクセス解析の充実

ブログをSSL化すると、アクセス解析に重要な、

  • お客さんが、どのWebサイトからブログに訪問してきたか?
  • お客さんが、その検索キーワードでブログに訪問してきたか?

といった情報(リファラ情報と言います)が、取得できるようになります。

その結果、お客さんの動きや、ブログへ流入した要因を知ることができるので、高度なアクセス解析も可能になるでしょう。

リファラ情報を活用すれば、ブログへの訪問者を増加させるためのヒントが見つかることもあります。

つまり、ブログをSSL化させることで、アクセス解析が充実するのです。

2. ブラウザに警告が表示されない

SSL化していないブログにアクセスすると、GoogleChromeなどのインターネットブラウザが、警告表示を出します。

SSL ブラウザ 警告

現時点では、ログイン情報やクレジットカードの情報を入力するWebサイトに対して、上の画像のような警告が表示されます。

Googleは最終的に、SSL化されていないすべてのWebサイトに対して、この警告表示をおこなう方針とのこと。

つまり、個人のブログも、SSL化していないと、この警告表示の対象となってしまうということです。

普通に考えて、こんな警告表示が出るブログ、閲覧したくありませんよね?

お客さんからすれば、何も入力しないとしても、『何かの情報が抜かれてしまいそう』と、心配になってしまうでしょう。

しかし、今の時点でSSL化しておけば、そんな心配も不要。

ブラウザに警告が表示されないことは、ブログの信頼性の面でも、大きなメリットです。

3.検索順位への良い影響

Googleは、2014年8月7日に、「HTTPSをランキングシグナルに使用します」と発表しています。

これをわかりやすく言えば「Googleは、https化しているブログやWebサイトを優遇するよ」ということ。

つまり、個人ブログのSSL化は、検索順位への良い影響もあるのです。

この発表は、Googleのウェブマスター向け公式ブログで発表されたもの。

HTTPS をランキング シグナルに使用します【Googleウェブマスター向け公式ブログ】

以下に、このブログ記事の一部を抜粋します。

Google では過去数か月にわたり、Google のランキング アルゴリズムでのシグナルとして、暗号化された安全な接続をサイトで使用しているかを考慮に入れたテストを実施してきました。この実験ではよい結果が得られているため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

また、先ほどの警告表示とも関連する内容では、以下のような記載もありました。

このランキングの変更は、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しませんが、これから長い期間をかけて強化していきます。

つまり、検索順位を意識するのであれば、個人ブログでもSSL化が必須と言えるでしょう。

個人ブログをSSL(https)化するデメリットは?

個人ブログ SSL デメリット

個人ブログをSSL化するデメリットは、ほとんどありません。

特に、これからブログを始めるという段階で、ブログをSSL化するのは、メリットしかありません。

ただ、もし既存の個人ブログをSSL化させたいというときは、結構な手間がかかります。

そのため、既存のブログをSSL化させることに対しては、『面倒くさくて大変』というデメリットがあります。

既存のブログをSSL化したいときは、『寝ログ』というブログにある以下の記事が参考になるでしょう。

WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

そもそもSSLとは何か?

SSL とは

そもそもの話なのですが・・・

SSLとは何か?について、お話していきます。

SSLとは、『セキュア・ソケット・レイヤー(Secure・Sockets・Layer)』の頭文字を取ったもので、通信を暗号化する仕組みのこと。

個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを、安全にやりとりするために使われます。

個人のブログでは、お客さんに直接クレジットカード番号を登録してもらうことは、ほとんど無いでしょう。

ただ、メールマガジンへの登録などで、お客さんにメールアドレスを登録してもらうことは、あるかもしれません。

SSL化していないブログだと、この時を境に、お客さんに迷惑メールが届くようになってしまうことも。

なぜなら、ブログをSSL化していないと、お客さんに入力してもらったメールアドレスが暗号化されず、そのまま通信されるからです。

その場合、通信の途中で、第三者に盗まれてしまう可能性があります。

あなたのメールマガジンに登録したら、お客さんのメールアドレスが流出してしまったという結果を招くことになりかねません。

そうならないように、通信を暗号化して、安全なやり取りができるようにする仕組みが、SSLなのです。

SSLとTSLの違いは?

SSLは、TLSという言葉と同時に使われることがあります。

この両者の違いですが、結論から言うと、言葉の新旧の差です。

TLSは『トランスポート・レイヤー・セキュリティ(Transport・Layer・Security)』の頭文字を取ったもの。

Webサイトの通信を暗号化する仕組みは、長年SSLが使われてきました。

ただ、より通信の安全性を高めるため、通信の暗号化規格(SSL)は、TLSへと変わったのです。

そのため、通信を暗号化する仕組みの、現在の正式名称はTLSなのですが・・・

SSLという言葉が長年使われてきたため、現在でもSSLという言葉が使われています。

まとめ

今回は、個人ブログをSSL(https)化する設定の手順と、SSL化の3つのメリットを紹介してきました。

個人ブログのSSL化は、後回しにしてしまうほど、面倒くさいことになってしまいます。

できれば、ブログを開設した段階で、SSL化を済ませてしまいましょう!

個人ブログがSSL化できたら、次はWordPressの初期設定です。

最初に正しく設定を済ませておくことで、快適なブログ運営ができますよ。