実は最近、スマホをアンドロイドからiPhone5sに変えまして。

iPhone5s用の防水ケースを探していたんですよ。

 

で、値段も安くて、性能も良さそうなケースを見つけたので、Amazonでポチりました。

私がポチったケースは、こちら↓

iPhone5s merit 防水ケース

 

特に品番などはないようですが、『merit』というメーカーの防水ケースだそうです。

はじめてのiPhone、はじめての防水ケースなので、ワクワクはMAX!

早速、新品のiPhone5sに付けてみたので、今回は、iPhone5s用の防水ケース『merit』の付け方と外し方を解説します!

iPhone5s用の防水ケース『merit』の付け方

この『merit』というメーカーの防水ケース。

さすがにiPhone5s用ということだけあって、付け方はとても簡単です。

 

ケースの画面側からiPhone5s本体をケースにはめ込み、リンゴマークのある裏側のケースを閉じるだけ。

iPhone5sを、meritの防水ケースでサンドイッチにする感じです。

 

まずは、iPhone5sの画面側を、meritのケースにはめ込みます。

このとき、iPhone5s本体にある、マナーモード切り替えスイッチに注意しましょう。

 

merit マナーモード スイッチ

 

iPhone5s本体がケースにうまくはまらないときは、ケース側で、この位置を調整します。

 

meritのケース本体が若干柔らかく、iPhoneをこのケースにメリメリと詰めていくような感じ(笑)

iPhone5sとmeritの防水ケースがうまくはまると、iPhoneとケース側面の段差がなくなります。

 

iPhone5s merit 段差

 

iPhoneとケース側面の段差がなくなったら、裏側のケースを閉じていきましょう。

裏面のケースの付け方も難しくなく、表面のケースの溝に、パチパチと、はめていく感じです。

 

iPhone merit 裏面

 

ケース裏面に、若干の水滴がついていますが、これについてはまた後ほど。(水没テストをしました)

ケースの前面と裏面がしっかりと閉じられたら、ケースについているフィルムを外して、完成です!

 

iPhone5s merit 付け方

iPhone5s用の防水ケース『merit』の外し方

iPhone5sに、meritの防水ケースを付けた感じでわかったかと思いますが・・・

このケースは、作りがとってもシンプル。

プラスチック容器にiPhoneをはさみ、パチパチと閉じているだけです。

 

ただ、シンプルな作りの割に、ケース同士はかなりしっかりと閉じられています。

そのため、iPhone5sからmeritケースを取り外すには、少しコツというか、道具が必要です。

 

それではここで、『merit』ケースの付属品を確認してみましょう。

 

merit 取り外し 付属品

 

写真の中央にある、どうみてもトウガラシにしか見えない、赤い物体。

これが、meritケースの外し方のキモとなる道具なのです。

 

この道具さえあれば、外し方は、簡単。

meritケース下部にある『溝』に、このトウガラシを差し込んでいきます。

 

merit 外し方

 

ケースの前面と裏面の結合部分に、スキマを開けていく感じで、少しずつトウガラシをスライドしていきましょう。

トウガラシをスライドしていくことで、ケースの前面と裏面の幅が開き、全体的にスキマが開くと、パカっと外れます。

 

このトウガラシも、少し柔らかいプラスチック製なので、iPhone5s本体を傷つけることはないでしょう。

そのため、ある程度グイグイとトウガラシを使っても、iPhone本体が傷つく心配はありません。

(でも、自己責任でお願いします><)

iPhone5s用防水ケース『merit』の防水性能やいかに?

『merit』は、iPhone5s用の防水ケース。

肝心の防水機能のほどは、どうでしょうか?

 

ケースに付属していた説明書には、以下のような記載がありました。

 

原文: Fully submerge the case underwater for around 30 minutes
意訳: 30分だ。30分、このケースを水の中に沈めてみな!全体がしっかりと水に浸かるようにしてくれよ!

 

ほうほう、相当な自信が伺えますね。

それじゃあ、やってやろうじゃありませんか!

 

ただ、さすがにiPhoneが入った状態で浸水テストをするには、まだ信用が足りません。

 

meritの防水ケースにティッシュを詰め、パチパチと封をしていきます。

風呂場のオケに水を張り、そこにmeritの防水ケースをドボンと沈めました。

(ケースだけだと浮いてきてしまうので、上に空きビンを載せました。)

 

merit 浸水

 

そして、30分後・・・

水を張ったオケからケースを取り出し、中のテッシュを確認してみると・・・

 

merit 防水

 

まったく濡れていません!

meritのケースは、全体的にプラスチックでできているため、少しチープな印象は拭えないのですが・・・

防水性能は、かなり優秀なのではないでしょうか?

iPhone5s用の防水ケース『merit』の2つの残念なポイント

浸水テストで、優秀な防水性能を見せてくれた、iPhone5s用防水ケース『merit』。

ただ、個人的に、少し残念だなと感じたポイントがありましたので、私的に残念だと思ったポイントを2つ、紹介してきます。

  1. 全体的に、被膜が薄くて破れないか心配
  2. 画面を保護する機能は弱そう

どちらも、iPhoneの使い勝手のためには仕方のない部分なのだとは思いますが・・・

1. 全体的に、被膜が薄くて破れないか心配

『merit』のケースを実際に触ってみないとわかりにくいのですが、ホームボタンやマイクなど、いたるところに、薄い被膜が貼られています。

この被膜は、防水性能とiPhoneの機能を両立させるための重要なもの。

どこか一箇所でも被膜が破れると、防水機能がかなり損なわれます。

 

この被膜が厚いと、今度は逆に操作がしづらくなってしまうでしょう。

ただ、やはりこの被膜の薄さは、耐久性の面で、ちょっと心配ではあります。

2. 画面を保護する機能は弱そう

iPhoneの画面部分を覆っているのも、やはり薄い皮膜。

そのため、ガラスの画面保護シートなどと比べると、画面を保護する機能は弱そうです。

 

ただ、その半面。

iPhoneの操作は、かなり快適に行なえます。

何か一枚隔てているというような感覚は、ありません。

おわりに

今回は、iPhone5s用の防水ケース『merit』について、付け方や外し方などを紹介してきました。

総合的に見ると、私はこの防水ケースを買ってよかったなと思います。

 

全体的にプラスチックなので、本体も衝撃から守ってくれるんじゃないかと期待しています。

何より、防水機能が素晴らしそうなので、趣味の魚釣りでも重宝しそうです!

 

あ、そうそう。

私が釣りを楽しめるのも、アフィリエイトに出会ったから。

 

人それぞれ、『自由』の意味は違うと思いますが、私はアフィリエイトで、本当の自由に気が付きました。

以下の記事で、その話をしているので、こちらもぜひ見ていってくださいね!

アフィリエイトで『本当に自由な働き方』に気づいた話