『影響力の武器』の内容は? フル活用するための使い方も紹介!

トップアフィリエイターがこぞって太鼓判を押す書籍がロバート・B・チャルディーニ著『影響力の武器』です。

しかしこの『影響力の武器』という本、定価が2,700円+税とかなりの高額。

もし買っても内容が理解できなければ、もったいないですよね?

 

そこで今回は、『影響力の武器』の内容を簡単にご紹介した上で、その内容をフル活用するための使い方をご紹介していきます。

この記事を読むことで、2,700円以上の価値が得られるかも!?

『影響力の武器』の内容を簡単に紹介。

『影響力の武器』は、副題にもあるとおり「なぜ、人は動かされるのか? 」ということについて追求した内容。

人が動かされてしまう6つの要因が挙げられていますので、以下にご紹介します。

 

  1. 返報性
  2. 一貫性
  3. 社会的証明
  4. 好意
  5. 権威
  6. 希少性

 

それぞれについて、簡単に内容をご紹介します。

返報性についての内容は?

返報性とは、何かをしてもらったら、相手に同等のお返しをせずにはいられないということ。

たとえば、日本人は何かをしてもらった時「すみません。どうもありがとうございます。」と言うことがありますね?

この「すみません。」というのは、文字通りに捉えると「(このままでは)済みません。」ということになります。

 

「このままでは済みません。」と言うと、何だかドラマの悪役の感じがしちゃいますね(笑)

でも、この場合は良い意味での「恩返しをせずには済みません。」という風に捉えられます。

 

つまり、人はこの返報性によって、何かをしてもらった人に対しては恩返しをしたいという思いから、行動を起こすことがあると、本書では解説されています。

一貫性についての内容は?

一貫性とは、いちど「こうする! 」と決めたことに対して、行動を伴わせようとする力のこと。

たとえば、「ダイエットするぞ! 」と意気込んだとします。

で、まぁ結局途中で諦める方が多いとは思うのですが、最初は頑張る人がほとんどです。

結局諦めるにしても、諦める時には「さりげない不快感」がありませんか?

 

これが一貫性の力です。

つまり、相手に対して一度意思を決めさせてしまえば、人はその意思のとおりにたやすく動いてしまうということ。

 

より具体的にいえば、人は一度「買おう! 」と思ったものは、たとえ品薄でもしばらくの間探し続けます。

ニンテンドースイッチなんて、良い例じゃないでしょうか?

一度ニンテンドースイッチを買おうと決意したら、手に入れるまで行動を続けてしまうのです。

 

こんな感じで、一貫性が人を動かすということについて解説されています。

あ、でもニンテンドースイッチの例は出てきません。

社会的証明についての内容は?

社会的証明とは、ある状況で多くの人がとる行動こそ正しいものだと信じてしまうこと。

ブーム(流行)も、社会的証明のうちに入りそうですね。

 

テレビのお笑い番組で観客の笑い声が入ったり、通販番組で観客から拍手などが入るのも、この社会的証明を利用しています。

笑い声が入ることで人はより「面白い」と感じ、拍手が起こることでより「素晴らしい」と感じてしまうのです。

 

大好評とか大人気とか、○○万本売れていますというのも、この社会的証明を使ったテクニック。

「みんなが良いって言ってるものだから、良いに違いない」と思い込んでしまうことこそ、社会的証明なのです。

好意についての内容は?

「お願い! 1万円だけ貸して! 」

あなたは、路上で見知らぬ人にこうお願いされました。

1万円を貸しますか?

 

恐らく貸さないと思います。

というか、メッチャ恐くて猛ダッシュで逃げ出したいくらいですよね?(笑)

 

では、あなたの親しい人が本当に困った様子で同じように頼んできたら、どうでしょうか?

懐事情にもよるとは思いますが、本当に親しい人になら私は貸しちゃいますね。

 

この差が「好意」の力です。

仕事で言えば、キャバクラ嬢やホストは、この好意の力を最も使っている職業ではないでしょうか?

あの人のために、今日はボトルを入れちゃうぞって感じで。

 

あ、ごめんなさい、私はキャバクラとか行ったことないので、完全なイメージです。(笑)

権威性についての内容は?

私たちは、その分野の専門家の意見に弱いものです。

例として、サプリメントを挙げます。

ネットのブログで「これ良いよ! 」とオススメされているサプリメントと、お医者さんがオススメしているサプリメントでは、どちらを購入したいですか?

 

恐らく、お医者さんがオススメしているサプリメントの方だと思います。

また、専門的な内容がたくさん書かれているブログと、なんだか薄っぺらい内容しか書かれていないブログなら、どちらの口コミを信用しますか?

 

権威性とは、このように特定の分野のプロフェッショナルの意見によって人が動かされてしまうことをいいます。

希少性についての内容は?

人は何かが手に入りにくくなりそうな時、その商品がより価値を持つと思えてきてしまいます。

限定○○個! とか、あと○時間以内にご注文いただければ! などの「限定」は、この希少性を前面に押し出したものです。

 

アフィリエイトをやっている人にはお馴染みかもしれませんね。

カウントダウンタイマーつきのランディングページなんて、わかりやすい良い例です。

ちなみに、あのカウントダウンタイマーですが、ブラウザのキャッシュを消せば元に戻ります。(笑)

 

この希少性については、『影響力の武器』の本文に印象的な見出しがありましたので、内容を抜き出します。

少ないものがベスト 失うことはワースト

引用:影響力の武器[第3版]

 

希少性とは、まさにこのこと。

ギリギリのタイミングで自分が手に入れられそうな商品というのは、ものすごくひきつけられます。

結局買わないにしてもかなり悩んだという経験が、あなたにもありませんか?

『影響力の武器』をフル活用するための使い方とは?

以上、『影響力の武器』に書かれている6つの内容をご紹介してきました。

なんとなくはわかったかもしれませんが、実際に使ってみようとすると、案外使い方がわからないもの。

 

ということで『影響力の武器』をフル活用するための使い方を見ていきましょう。

『影響力の武器』の内容にあった人を動かす6つの要因を、アフィリエイトのブログに例えてお話します。

返報性の使い方。

返報性を使うためには、まずあなたがブログで読者のためになる情報を与える必要があります。

でもそれだけでは少し弱い。

 

具体的には、「○○万円稼いだレポートを無料で差し上げます。」というようなワンランク上の情報まで読者に与えることで、返報性を使うことができるようになります。

もちろん、その無料レポートも、読者に何かしらの発見をもたらすようなものであることが大切。

 

そうすることで、「この人はいい情報をくれる人」という認識になり、潜在的に恩義を感じます。

同時に「この人、いい人」と好意を覚えることにも繋がります。

一貫性の使い方。

 

これは、アフィリエイトに関して言えば「あなたは稼ぎたいんですよね?」と再認識させることで、一貫性を刺激することができます。

「そうだ! 稼がなくちゃいけないんだ! 」

と読者に思わせたタイミングで商品を紹介すれば、「これを買って稼ぐぞ! 」という意思が読者に芽生えます。

 

一貫性はこのように使うと効果的です。

ただし、クソみたいな商品を紹介すれば、信用は一気にガタ落ちします。

倫理的にも好ましくありませんので、使用方法には注意しましょう。

社会的証明の使い方。

これはもう単純です。

アフィリエイトでは、売れている商品を紹介すれば良いということ。

より多くの人が良い口コミを投稿していたり、販売実績が良い商品には、社会的証明の力が働きます。

好意の使い方。

「あなたの気持ち、わかります。」

という風に、訪問者に寄り添うような文章は、好意をうまく使っていると言えます。

 

また、自分と似たような境遇の人には好意を持ちやすいので、自分のことについてはプロフィールなどでしっかり書いておきましょう。

社長よりも、上司や同僚に行為を抱きやすいですよね?

親近感ともいえますが、これも立派な好意です。

権威性の使い方。

単純に言えば、「アフィリエイトでこれだけ稼ぎました! 」という実績は、事実かどうかは別としても権威性を使っている例ですね。

でも、そんなことをせずに、ブログの記事を詳しく丁寧に書くことでも、権威性は充分に使えます。

 

「この人メッチャ稼いでる! 」というよりも「この人の記事わかりやすい! 」という方が、のちのちのリピーターにも繋がっていきやすいです。

客観的な数字も良いですけど、できれば文章で権威性を示していきたいところですね。

希少性の使い方。

希少性は、期間限定オファーとか限定特価もそうですが、だいたいは「特典」が希少性を使っている例ですね。

その人の特典が欲しいなら、その人から買うしかありませんから。

 

でも、その人から買えば手に入るというギリギリ感が、私たちを購入に突っ走らせるのです。(笑)

おわりに

今回は『影響力の武器』の内容と、その使い方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

『影響力の武器』を読んで恐いなと感じたのは、どれも受け取る側『影響されてしまう側』が気付かないうちに影響を受けているということ。

つまり、私たちは無意識に動かされていたということなんです。

 

で、このように人を無意識のうちに動かすためには、ある技術が必要なのです。

それが『文章を書く技術』

アフィリエイトでは、文章で訪問者を納得させ、商品を購入してもらいます。

 

『影響力の武器』で書かれている内容は、いわば応用のテクニック。

文章を書くという基本的な技術ができていなければ、使うことできません。

 

 

最後に、私が文章術を学んだ教材をご紹介します。

その教材が『才ゼロ』です。

 

文章術のアフィリエイト教材「才ゼロ」

 

普段あまり見かけない教材だと思いますが、その理由も書いてありますので、ぜひレビューの方もご覧ください。

初心者こそ手にしてほしいブログ文章術の教材「才ゼロ」を徹底レビュー!

 

それでは、今回はこのへんで。