【文賢】の使用レビュー!あなたの文章が読みやすくなる驚異的な文章校閲・推敲ツール(ウェブライダー/松尾茂起)

2017年10月6日。

今後のアフィリエイト活動を左右しかねない

驚異的なツールが登場しました。

 

その名も【 文賢 】

 

文章チェックツール【文賢(ブンケン)】レビュー

 【 文賢 】公式販売ページはこちら!

 

稼ぐアフィリエイターが使っている、あの名テンプレート【 賢威 】を生みだしたウェブライダーが提供する、文章校閲・推敲支援ツールです。

 

結論からいいますと、【 文賢 】を使えば、あなたの文章は、格段に読みやすくなるでしょう。

 

逆にいえば、【 文賢 】を使わないと、ほかのサイトの文章と比べたときあなたの文章の読みにくさが、際立ってしまうかも。

 

それは、この【 文賢 】というツールが、文法的な部分についてアドバイスしてくれるからなのですが・・・

その辺は、この記事の後半で詳しくお伝えしていきます。

 

そんな、文章の読みやすさを左右する【 文賢 】をさっそく使用してみましたので、まずは、その使用感をお伝えしていきます。

【 文賢 】の使用感を動画でレビュー

【 文賢 】について、まずは使用感を動画でレビューしていきます。

 

実際の作業を見てみましょう。

11,000文字の文章を、チェックしていきます。

 

 

作業といっても、実際にやることは

  1. 文章をコピー
  2. 文賢にペースト
  3. 指摘された箇所を修正

だけです。

 

11,000文字のチェックだったのですが、あまりにサクサクっと軽快な動作なので、いい意味で正直びっくり^^;

 

【 文賢 】で、文章をチェックしていくと

「役不足」は誤用に注意したほうがよいかもしれません。

や、

「ひらがなで書いたほうがよい文字」

といった、文章が読みやすくなるコツを教えてくれます。

 

文法的な部分でいえば、「接続詞」がハイライト表示されるため、同じ接続詞の多用を防ぐことができます。

 

さらに、「助詞」についても、同じ言葉を使用している箇所がハイライト表示されるため、読みづらい箇所を簡単に見つけ出すことができます。

 

動画内の文章では

「時給はどの程度を求めているかを目星をつけます。」

という部分が、ハイライト表示されていました。

 

この文章は、たしかに「を」という言葉を多用しています。

不自然な文章ですね。

 

10,000文字もある文章だったため、不自然な箇所を見つけづらかったのですが、【 文賢 】を使ったことにより、不自然な文章を、半自動的に見つけることができました。

 

【 文賢 】の機能は、これだけではありません。

ここからは【 文賢 】の機能を、さらに詳しくレビューします。

【 文賢 】の驚異的な機能一覧と3つの機能レビュー

【 文賢 】には、全部で8つの機能が搭載されていますので

一覧にして紹介します。

 

  1.  校閲(こうえつ)支援機能
  2.  推敲(すいこう)支援機能
  3.  たとえ表現機能
  4.  アドバイス機能
  5.  辞書の編集機能
  6.  GoogleChromeの拡張機能
  7.  スマホやPC環境での文章表示機能
  8.  「文字数」や「漢字の含有率」の確認機能

 

これらの【 文賢 】の機能の中で、実際に使用してみた感想として

「特に驚異的」

だと感じた機能は、やはり

  • 校閲(こうえつ)支援機能
  • 推敲(すいこう)支援機能

この2つです。

 

また「たとえ表現機能」というユニークな機能もありますので、ここからは、これら3つの機能について、さらに詳しく紹介していきます。

校閲(こうえつ)支援機能のレビュー

校閲(こうえつ)という言葉を、辞書で調べてみると

「文書や原稿などの誤りや不備な点を調べ、検討し、訂正したり、校正したりすること。」

と書かれていました。

 

つまり、校閲とは「文章の間違いを直す」ということですね。

 

先ほども少し紹介しましたが、【 文賢 】では

「役不足」

という誤用しやすい言葉や

「あらかじめ予約する」

というような、重複表現などもチェックしてくれます。

 

さらに、【 文賢 】では、誤った敬語表現についてもチェックしてくれるので、メールを送るときの文面チェックにも重宝しそうですね!

推敲(すいこう)支援機能のレビュー

推敲(すいこう)という言葉を、辞書で調べてみると

「詩文の字句や文章を、充分に吟味して練りなおすこと。」

と書かれていました。

 

つまり、推敲とは「文章を読みやすくする」ということですね。

 

【 文賢 】では、文章がダサく見える「文末表現の重複」や、違和感のでがちな「英数字の半角全角」など、文章の読みやすさを大きく左右する要素について、ハイライト表示で指摘してくれます。

 

そのほか、先ほど紹介した

「時給はどの程度を求めているかを目星をつけます。」

といった、助詞の連続使用など、文法上よろしくない箇所についても、チェックしてくれます。

 

また、文章内で、フェイスブックという単語を

「Facebook」

に統一したい場合

「FaceBook」や「facebook」というような

表現のゆれについても、チェックしてくれます。

 

極端な話、【 文賢 】の推敲機能を使うだけでも、あなたの文章は、格段に読みやすくなるはずです。

オリジナリティのある文章作成を支援する「たとえ表現機能」のレビュー

驚異的と感じた機能は「推敲」「校閲」の支援機能ですが

「たとえ表現機能」

も、なかなか面白い機能です。

 

「たとえ表現機能」には

  • マンガのあるある話
  • 映画のあるある話
  • 日常のあるある話

などが収録されており、これらの表現を使うことで、あなたの文章に、よりオリジナリティを出すことができます。

 

アフィリエイターやブロガーなど、自分の主張をイメージしながら読んでもらいたい場合には、強力な支援機能となることでしょう。

 

そう、それはまるで

ピンチに現れた孫悟空

のように。

(上の赤文字は、文賢の「たとえ表現機能」を応用しました。)

 

文賢(ブンケン)のたとえ表現機能

 

【 文賢 】を使うメリットは、時短と文章の改善、さらに・・・

【 文賢 】を実際に使ってみて、個人的に、3つのメリットを感じましたので、以下に掲載します。

 

  1. 校閲・推敲にかける時間が減る。
  2. 文章が簡単に改善できる。
  3. あなたの文章スキルが上がる。

メリット1. 校閲・推敲にかける時間が減る

職業で文章を書いている人がいうには、文章を納品する時

「校閲・推敲」

に、一番時間をかけるそうです。

 

文章の誤字や脱字をチェックしたり、意味が通るように文章を整形しなおしたり。

 

はじめから終わりまでじっくり読む必要があるので、想像しただけでも、結構時間がかかりそうです。

 

私自身も、一記事あたり一時間以上かけて、校閲や推敲をしています。

 

【 文賢 】は、文章の校閲・推敲支援「ツール」です。

動画を見ていただいて理解できたと思いますが、校閲・推敲完了までの処理時間は、数秒でした。

 

まさに

「あっという間」

という言葉がふさわしいですね。

 

私の場合、今まで一時間以上かかっていた作業が、たった数秒で終わってしまいます。

 

しかも、機械的なチェックなので

「見落とし」

が、ほぼありません。

 

校閲・推敲にかけるべき時間がゴッソリ減るので、その時間のぶん、別の文章を書いてもいいでしょう。

温かい飲み物でもいれて、少し休憩するのもいいですね^^

メリット2. 文章が簡単に改善できる

【 文賢 】を使うことで、今まで読みにくくなってしまっていた文章も、簡単に改善することができます。

 

文章の読みやすさを左右しているのは「文法」です。

「文法」とは、文章における「ルール」のこと。

 

ルールとは、規則と言いかえることができますが、規則は、ものごとをわかりやすくするための「制度」と言えます。

 

つまり、ルール(文法)に沿った文章は、物事がわかりやすくなる規則に沿っているので、読みやすいのです。

 

【 文賢 】では、正しい文法に沿っていない、おかしな文章になっている部分を指摘してくれます。

 

ですので、【 文賢 】が教えてくれた箇所を直すことで、あなたの文章は、格段に読みやすくなるのです。

 

また、文章を簡単に改善できるだけではなく、この【 文賢 】というツールの本質は、これからお話しする3つ目のメリット。

「あなたの文章スキルが上がる」

にあると、私は感じます。

メリット3. あなたの文章スキルが上がる

【 文賢 】は、書き上げた文章にある、日本語の文章として、おかしな箇所を指摘してくれます。

 

その指摘に沿って、あなたは文章を直す。

それを繰り返していくうちに、ある変化が現れるはずです。

 

その変化とは

「あなたの文章スキルが上がる」

というもの。

 

ツールを使って、スキルが上がるなんて、信じられないかもしれません。

ただ、この【 文賢 】というツールは、日本語の文章として、おかしな箇所を指摘してくれますが、勝手に文章を書き換えるようなことはしません。

 

つまり、文章を直すのは、あなた自身なのです。

 

あなたの文章力が上がる理由は

「日本語の文章としておかしな箇所を、自分自身で直す」

からなのです。

 

「赤ペン先生に、添削してもらっている感じ」

というと、わかりやすいでしょうか?

 

書き上げた文章にある、間違いを認識し

「なぜ、いけないのか?」

を学びながら、自分で訂正する。

 

この過程を経るうちに、文章スキルはイヤでも上がっていくでしょう。

 

【 文賢 】には、3つのメリットを感じました。

ただ、私が一番のメリットだと感じたのは

「あなたの文章スキルが上がる」

という部分でした。

 

【 文賢 】を使って、きちんと文章に向き合っていけば、いつしか、呼吸をするように、正しい日本語の文章が書けるようになるでしょう。

 

そのようなスキルをもとに書かれた文章は、読者をひきつけ、しっかりと読ませます。

そして、文末にあるアフィリエイトリンクすら、クリックさせてしまう。

 

あとはもう、おわかりですね?

【 文賢 】の最大のデメリットは、月額課金

さて、そんな素敵なメリットがある【 文賢 】ですが、もちろん、デメリットもあります。

私が【 文賢 】に感じたデメリットは、大きく2つ。

 

  1. 月額課金(税込1,980円)
  2. 若干バグがある?
  3. 誤字・脱字のチェックがない

 

詳しく紹介していきます。

デメリット1. 月額課金(税込1,980円)

最近は結構「月額課金」のサービスが増えているように感じます。

流行りなんでしょうかね?

 

今回の【 文賢 】に関しても。月額課金の制度となっています。

 

その月額価格は、税込1,980円

さらに、初期費用もかかります。

 

詳しくは後述しますが、2017年12月20日までは、初期費用として、税込5,400円が必要です。

 

つまり、【 文賢 】の初月費用は、現時点で、税込7,380円ということになります。

 

【 文賢 】の機能は、非常に魅力的です。

ただ、月額課金という点が、少し気になってしまいます。

 

振り返って考えてみましょう。

私は、一記事あたり一時間以上かけて、校閲・推敲をしていました。

 

私の時給を、仮に1,000円とするならば、【 文賢 】の月額費用1,980円は、2時間分にも満たない金額です。

 

私は「元を取る」という言葉が大好きなのですが、【 文賢 】はこんなに高性能なのに、一ヶ月のうち、二記事のために使うだけで、元が取れてしまいます。

 

そう考えると、かなりお得ではないでしょうか?

しかも、時間だけではなくて、校閲・推敲にかける「労力」も、同時に減らせますからね。

 

冷静に考えると、かなり良心的なサービスであるといえるでしょう。

デメリット2. 若干バグがある?

【 文賢 】を使用していたところ、若干のバグを見つけました。

 

具体的には、

『ハイライトの場所がズレていて、どこを訂正したらよいのか、わからない。』

ということです。

 

画像で確認したほうが、早いかもしれません。

 

【文賢(ブンケン)】のバグ。

 

こんな感じで、ハイライトの場所がズレています。

この問題に関しては、ウェブライダーさんに報告しましたので、近いうちに改善してくれることでしょう。

(2017年10月11日現在、改善されています。快適です。)

 

ただ、今の段階では

ハイライトの場所がズレるバグがあります。

 

ちなみに、WindowsとMac

どちらのPCでも、同様のバグが確認できました。

デメリット3. 誤字・脱字のチェックがない

これは【 文賢 】を実際に使ってみてわかったのですが、誤字・脱字のチェック機能がありません。

 

のちのバージョンアップで実装されるかもしれませんが、現時点では、誤字・脱字はスルーされてしまいます。

 

ただ、そもそも、アフィリエイターでもライターでも、文章でお金をいただいている以上

「誤字や脱字は、自分でチェックすべき最低限のこと」

という、販売者からの隠れたメッセージなのかもしれません。

 

よって、誤字・脱字のチェックがないということについて、私はあまりデメリットと感じませんでしたが、デメリットと感じる場合もあるかな?

ということで、紹介しました。

あなたの文章、読みにくくない?

ということで、ここまでは【 文賢 】のレビューをしてきました。

 

ここで少し、あなたにお伺いしたいのですが、あなたは、自分の文章に自信がありますか?

 

自分の書いた文章を読み返して

「なんだか変な感じがするけど、どこが変なのかわからない・・・」

と思ったことはないでしょうか?

 

その「変な感じ」の原因は、あなたの書く文章の

「文法」

が、崩れているからかもしれません。

 

「文法」とは、レビュー中でも少しお話しましたが、簡単にいうと、文章を書くときのルールのこと。

 

社会に「法律」というルールがあるのと同じように、文章には「文法」というルールが存在します。

 

法律に従わない人が、多くの人から嫌がられるのと同じように、文法に従わない文章は、多くの読者に嫌われます。

 

なぜなら「文法」に従っていない文章は

「読みにくい」

からです。

 

文章が読みにくいということは、アフィリエイトをしていく上で、致命的な弱点となってしまいます。

 

なぜなら、アフィリエイトなどのネットビジネスにおいては

「文章」

で、読者に最終的な判断をしてもらうからです。

ネットビジネスは、文章に支えられている

アフィリエイトをはじめとするネットビジネスは、そのほとんどが、どこかのタイミングで「文章」による誘導を行っています。

 

情報商材にしても、セミナーにしても。

読者は、最終的に「ランディングページ」の文章を読み、購入や参加を決定しますよね?

 

つまり「文章」の読みやすさが、そのまま、ネットビジネスの成功を左右してしまうのです。

 

それだけ「文章」はネットビジネスにおいて重要なのですが、さらにそれを支える「文法」については、なぜかあまり語られません。

 

文法が崩れている文章は、なんとなく「怪しさ」が出てしまうんですよね。

 

極端な話、

「オススメは、私は美肌クリームSが効きました!」

という感じで紹介されている商品を、あなたは買いたいですか?

 

こんな風に紹介された商品は、文法を含めた、文章全体がメチャクチャなため、怪しさMAXで、絶対買いたくないですよね(笑)

あなたの文章は、大丈夫?

先ほどの例文は少し極端でしたが、あなたの文章も、先ほどの例文のように、文法が崩れて、怪しくなっているかもしれません。

 

このように、すべての文章の質を左右する「文法」。

これをしっかり学び、実践するとなると

主語や述語、接続詞、指示代名詞、副詞、助詞などなど・・・

理解すべき要素がたくさんあって、結構大変です。

 

文章の変な部分は直したいけれど、あまり時間もかけられない。

というのが、正直なところではないでしょうか?

 

そんな時は、ウェブライダーが提供する最新のツール。

【 文賢 】

の力を借りてみませんか?

現在進行形で使われている文章校閲・推敲支援ツール【 文賢 】

松尾氏ひきいるウェブライダーは、月間数百万というページビューを誇る

「ナースが教える仕事術」

というサイトを運営しています。

 

月間数百万ページビューというと、かなり驚異的なモンスターサイトです。

 

そんなモンスターサイト運営にも、実際に使われている文章校閲・推敲支援ツール。

それが【 文賢 】なのです。

 

私も、実際にこの【 文賢 】を使ってみて、今も使っているのですが・・・

いやはや、このツールは、Webで文章を書く、あなたに使って欲しいツールだと感じました。

 

ですので、今回。

この【 文賢 】というツールについて、その使用感と、驚異的な性能をレビューしてきた次第です。

 

もちろん、今回書く文章も、最終的に【 文賢 】を使って、しっかりチェックしますよ(笑)

 

それでは、ここで一度

「【 文賢 】ってどんなツールなの?」

というところを、まとめます。

【 文賢 】は、文章を正しく読みやすくするツール

ウェブライダーから登場した【 文賢 】は、文章を正しく、読みやすくするツールです。

 

「役不足」や「かねてより」など、間違えて使用しがちな言葉のチェックや、文章の読みやすさを左右する「文法」のチェックまで。

 

あなたの文章が読みやすく、正しくなるようにチェックしてくれるので、情報や主張を、わかりやすく伝えやすくなります。

 

また、かなりの時短にもなりますので、アフィリエイターやライターなら、必ず使っておきたいツールといえるでしょう。

【 文賢 】の特典はないの?

高機能な文章校閲・推敲支援ツール【 文賢 】ですが、どうせ買うなら、特典付きで購入したいですよね?

 

ウェブライダーから発売されているテンプレート【 賢威 】も、特典付きで販売しているアフィリエイターさんはたくさんいますからね!

 

今回の【 文賢 】も、そりゃあ特典付きで購入したいです。

 

そこで、私から特別に【 文賢 】オリジナルの特典を・・・

といいたいところなのですが、今回の文章校閲・推敲支援ツール【 文賢 】に限っては、特典を付けることができません(泣)

 

なぜなら【 文賢 】は、A8.netでしか、取り扱いがないからです。

 

アフィリエイターさんならご存知かもしれませんが、A8.netでは、商品にアフィリエイターが独自で特典を付けることができません。

(規約違反になってしまいます。)

【 文賢 】は、初期費用半額の今がチャンス!

ただひとつ、ウェブライダー公式からの特典といいますか。

【 文賢 】の発売記念として、現在、【 文賢 】にかかる初期費用が半額の5,400円(税込)となっています。

 

【 文賢 】の初期費用が半額になるのは、2017年12月20日までです。

 

2017年12月21日からは、【 文賢 】の初期費用が、通常通り10,800円(税込)となります。

 

アフィリエイターをはじめ、ライター、メール対応担当など、あなたがWeb上で文章を書くのなら、間違いなく使えるツールでしょう。

 

【 文賢 】があれば、簡単に、短時間で文章の校閲・推敲ができます。

 

 【 文賢 】公式販売ページはこちら!

あなたしかできないことは、なんですか?

短時間で文章の校閲・推敲ができるということ。

それはつまり

「あなたしかできないライティングに、多くの時間を使える

ということです。

 

あなたがもし、アフィリエイターやライターなど、Web上で文章を扱う仕事をしている場合。

このツールの価値や費用対効果は、大いに感じられると思います。

 

しかも、今のうちに初期費用を払っておけば、実質的に、支払う金額が半分になるので、さらにその費用対効果を高められるということです。

ウェブライダーの【 文賢 】レビューのまとめ

ということで、ウェブライダーから発売されたばかりの【 文賢 】をレビューをしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ここでふたたび、メリットとデメリットなどをまとめておきます。

 

メリット

  • 校閲・推敲にかける時間が減る。
  • 文章が簡単に改善できる。
  • あなたの文章スキルが上がる。

 

デメリット

  • 月額課金(税込1,980円)
  • 若干のバグがある
  • 誤字・脱字のチェックがない

 

金額

  • 初期費用(税込10,800円5,400円
  • 月額費用(税込1,980円)

※ただし、初期費用が5,400円なのは、2017年12月20日まで。

 

動作環境

Webブラウザ上で動くツールなので、特になし。

 

個人的な感想

最後に、私自身の感想をいいますと、【 文賢 】は、文章に自信が持てない、あなたに使って欲しいツールです。

 

最近は少しまともな文章を書けるようになりましたが、私のブログも、初期の記事は課題がモリモリです。

 

ただ、それでも。

文法に沿って、読みやすい文章を学び、書いて実践することで、文章に対して、少しずつ自信がついてきました。

 

【 文賢 】に指摘されることで学べる「文法」や、重複表現を避けるなど。

文章の基本に沿って書いていけば、少しずつ、だけど必ず文章は、うまくなります。

 

文章がうまく書けるようになると

「ここは、こうしたほうが読みやすいよな」

「こういう表現をすれば、読者にわかってもらえるかな?」

など、あれこれ考えながら文章を書けるようになるので、文章を書くことが、楽しくなります。

 

だから今の段階で、文章に自信が持てていない、あなたにこそこのツールを使って欲しいというのが、私の正直な感想です。

追伸

私はこの【 文賢 】というツールに、ウェブライダーの代表、松尾茂起氏の信念が詰まっていると思います。

 

はじめのほうにお伝えしましたが、ウェブライダーは

「ナースの教える仕事術」

というサイトを運営しています。

 

このサイトは、健康・仕事術関連のキーワードで、軒並み1位を取っていたサイトなのですが・・・

現在、健康関連の記事を非公開にしています。

 

その理由は、「ナースの教える仕事術」のサイトにも書かれています。

ただ、その本質は、とあるセミナーでの松尾氏のひとことに集約されていると思います。

 

そのひとこととは

「検索結果の1位は、相応の責任も負うものだ。」

というもの。

 

言葉は少し違うかもしれませんが

発言の趣旨は、間違っていないと思います。

 

つまり、

「検索結果で1位を取りたければ、相応の情熱をもって、文章を書きましょう。」

ということだと、私は感じました。

 

「相応の情熱」というのは、「記事の質」に現れ、それを左右するものです。

 

そして、「記事の質」を支えているのが、文章であり、文法であると、私は思います。

 

だから私はこれからも【 文賢 】を使い続けようと思います。

 

あなたも、責任と自信を持って、読まれる文章・売れる文章を世に送り出しませんか?

追伸2.

今回のレビューを書き終えた後、文章全体を、【 文賢 】でチェックしました。

 

その結果を紹介します。

 

校閲支援機能

【文賢(ブンケン)】の校閲支援機能を使った感想

校閲に関しては、ほとんど問題がないようで、安心しました^^

 

推敲支援機能

【文賢(ブンケン)】の推敲支援機能を使った感想

さっそく、改善点すべき点が見つかりました。

 

おなじ文末表現を続けて使うと、文章がダサくなりがちなので、チェックしながら少しずつ変えていきます。

 

それにしても、【 文賢 】を使うと、しっかり書き上げたつもりの文章でも、まだまだ改善の余地があると、わかりますね^^

 

【 文賢 】さん。これからも、お世話になります!

文章チェックツール【文賢(ブンケン)】レビュー

 【 文賢 】公式販売ページはこちら!