リア友が書いているブログから「ブログとは何か? 」を学んだ話。

こんにちは、あふぃびず管理人の千早です。

 

今日、ひょんなことから中学時代からの友人のブログを読ませてもらうことができました。

その友人は子を持つパパで、製造業の会社員です。

普段文章を書くような仕事ではないにも関わらず、その友人が書いていたブログがまぁ面白い!

 

いくつもの記事を読み終えた後、私は「これぞブログだよなぁ・・・」としみじみ思いました。

で、アフィリエイトでも抑えておく必要がある要素を見つけることができたので、今回はその要素についてお話したいと思います。

リア友のブログから学んだ「ブログとは何か? 」

アフィリエイトでは、「人の役に立つブログを作ろう」ということが言われています。

それを文字通り受け取ってしまうと、どうしても情報提供だけに偏った、どこか乾燥した記事になってしまいがち。

百科事典があまり面白くないように、情報提供だけのブログって面白くないですよね?

 

一方、今日読ませてもらった友人のブログ。

友人の職場での出来事や、家庭での生活、ブログを読んだ人にはどう感じてもらえると嬉しいとか、素直な意見が書かれていました。

彼はアフィリエイトに関しては初心者ですが、人生経験は豊富。

正直、読んでいてとても面白かったです。

 

アフィリエイトが目的で作ってしまいがちな「人の役に立つブログ」と、友人のブログ。

 

この2つを並べて考えた時、私は「ブログって何だろう? 」と考えさせられてしまいました。

 

で、ひとつの考えに至りました。

ブログっていうのはただの情報提供の場じゃなくて、自分の想いや発想を自由に発表できる場なんじゃないか? と。

 

アフィリエイトをやっていると、ついつい情報提供ばかりになってしまいがち。

でも「ブログ」なんだから、自分の言いたいことや書きたいことをしっかり表現することも、情報提供と同じくらい大切なんじゃないかな?

 

それがひいては、ブログの信頼感に繋がって、商品も売れやすくなるんじゃないか・・・。

と、また商品を売ることを考えてしまった(笑)。

友人のような自由で豊かな発想がうらやましい!

リア友のブログは、人生が乗っかっているから読んでいて面白い!

次に、「どうして友人のブログは読んでいて面白いんだろう? 」と考えました。

そこで見つけた面白さの要素が、友人のブログの記事や文章には、彼の人生が乗っかっているということ。

 

彼が今まで経験してきたことを元に、彼の想いが彼の言葉で書かれていました。

なんだか彼の人生を追体験しているような、そんな感覚すら覚えました。

 

ただ、だからといって優れた文章術のテクニックが駆使されていたわけではありません。

彼の想いが、彼の言葉でまとめられていたのです。

 

もちろん、何かを売ろうとしたら文章術は必須だと思います。

でも、人を引き込むのに必要なのは「自分の人生から学んだ感覚を発信すること」じゃないかなと感じました。

これは言い換えれば、自分の人生を文章に乗っけるということです。

 

そうして書かれた文章は温かみがありますし、読んでいて面白い。

信用プラス価値の提供がしっかりできているので、彼が紹介する商品なら気になってしまうと思います。

あ、また商品を売ることを(以下略。

情報プラス面白さがないと、ブログにお客さんは付いてくれない。

ということで、私はどうしても商品を売ることが頭から離れないので、もう商品を売るという視点から考えてみます。

 

アフィリエイトを含むビジネスは、お客さんが居てくれてこそ成り立つもの。

まず、ブログにお客さんが付いてくれなければ、商品を買ってもらうことはできません。

お店がガラガラで取引先も無いのに、なぜか商品が売れていくということはあり得ませんよね?

 

で、じゃあどうしたらブログにお客さんが付くのかというと、まずは情報提供ですよね。

検索してきた人が、その悩みを解消できるような情報提供です。

 

でも、悩みが解消できた人は、まだお客さん候補。

商品を買ってくれるお客さんじゃありません。

検索をする人って、商品を買おうと思って検索していない場合が大半なんですよね。

 

じゃあ、そのお客さん候補を「お客さん」にするためにはどうしたらいいかというと、これが面白さだと思うんです。

 

面白さと言っても、笑えるような面白さではなく、「この文章を書いている人はどんな人なんだろうな? 」と思わせるような面白さです。

人間味とも言えるかもしれませんね。

 

この面白さがあれば、お客さん候補が「悩みは解決できたけど、面白そうだから他の記事も読んでみよう。」と、別の記事も読んでくれる可能性が高まります。

そして、そのお客さん候補の行動の先に商品の紹介ページがあったら、どうでしょう。

恐らく、とっても気になると思います。

 

ここで初めてお客さん候補から、実際に商品を買ってくれそうな「お客さん」になるんです。

おわりに

こうして改めて文章に起こしてみると、情報提供だけじゃ商品って売れにくいんだな~ってことがわかりますね。

私自身、なんとなく感じていたモヤモヤが晴れたような気がします。

 

ということで、私もこれからはもっと自分の人生を文章に乗っけていこうと思います。

あらためて、きちんとブログと向き合っていこう。

 

気付かせてくれた友人には感謝です!

それでは、今回はこのへんで。