googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法

こんにちは、宮瀬です。

 

googleアナリティクスでは、ブログへのアクセスを全てカウントします。

でも、ブログの運営者(自分)は、動作の確認などで自分のサイトに何回もアクセスしますよね?

 

ところが、自分のアクセスをカウントしてしまうと、正確なアクセス解析ができません。

そこで今回は、googleアナリティクスで自分のアクセスを除外して、正確なアクセス解析のデータが取れるようにしていきます。

googleアナリティクスで自分のアクセスを除外するには?

googleアナリティクスで自分のアクセスを除外するには「フィルタ」という機能を使います。

フィルタでは、特定の条件にあったアクセスを除外することができます。

この機能を使い、自分のIPアドレスからのアクセスを除外するように設定すれば、自分のアクセスを除外できます。

 

IPアドレスとは?

IPアドレスとは、ネットワーク単位で割り振られた固有の番号です。

例えば、別のパソコンでも、同じWI-FIルーターを介していれば、同じIPアドレスになります。

また、IPアドレスはWI-FIルーターの電源を落とすたびに(ネットワークを接続するたびに)変わります。

 

自分のIPアドレスを確認するには、以下のURLにアクセスしてください。

https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

 

URLにアクセスすると、以下の画像のような画面が表示されます。

 

googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法1

 

このページを開いたままにして、次に進んでいきましょう。

googleアナリティクスで自分のアクセスを除外するための簡単3ステップ

googleアナリティクスで自分のアクセスを除外するのは、以下の3ステップで簡単にできます。

  1. googleアナリティクスの管理画面を表示する
  2. フィルタを追加する
  3. IPアドレスなどを入力する

 

手順を画像付きで解説します。

1.googleアナリティクスの管理画面を表示する

まずは、画面左下の歯車マーク「管理」をクリックして、アナリティクスの管理画面を表示します。

次のステップのために、ビューの下にある「フィルタ」をクリックしておきましょう。

 

googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法2

 

2.フィルタを追加する

「フィルタを追加」をクリックしましょう。

 

googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法3

3.IPアドレスなどを入力する

IPアドレスなどを入力して、フィルタの作成を完了させます。

 

googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法4

 

  • ビューにフィルタを適用する方法を選択の部分は「新しいフィルタを作成」
  • フィルタ名には、わかりやすいお好きなフィルタ名を入力します。
  • フィルタの種類は「定義済み」
  • 左から順に「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」
  • IPアドレスの欄には、先ほどURLをクリックして確認したIPアドレスを入力します。
  • 最後に「保存」をクリックします。

 

googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法5

 

自分のIPアドレスからのアクセスを、アクセス解析結果から除外するフィルタが追加されました。

おわりに

今回は、googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法をご紹介しました。

この作業を済ませれば、自分のIPアドレスのフィルタをかけることで、正確なアクセス解析ができるようになります。

 

しかし、注意点がひとつあります。

それは、IPアドレスの解説時にも書きましたが、IPアドレスはインターネットへの接続ごとに変わるということです。

 

「インターネットの接続ごとに変わる」

というと、少し勘違いが起こりそうですが、ルーターの電源を切るたびに変わると捉えておけばOKです。

ですので、インターネットの回線の不具合などでルーターの電源を落とした時には、フィルタのIPアドレスを書き換えましょう。

イチから作り直す必要はありません。

 

それでは、今回はこのへんで。