googleアナリティクスで効果的なアフィリリンクの位置を知る方法

こんにちは、宮瀬です。

 

アフィリエイトのリンクはベタベタ貼ってあると訪問者が不快に感じます。

「あぁ、そういうサイトか・・・」

といって、2度と訪れてもらえないこともあるでしょう。

 

そうならないためには、アフィリエイトリンクを効果の高い場所にだけ、本当に必要な場所にだけ貼るようにします。

(実際、そのほうが成約率も高かったりします。)

 

自分のブログに貼ったアフィリエイトリンクのうち、

どこに貼ったものが、どれだけクリックされたか?

がわかれば、効果的なアフィリエイトリンクの位置がわかりますよね?

 

ということで今回は、googleアナリティクスで効果的なアフィリエイトリンクの位置を知る方法をご紹介していきます。

googleアナリティクスのページ解析で、アフィリリンクのクリック率がわかる!

アフィリエイトリンクのクリック率を調べるには、googleアナリティクスの「ページ解析」という機能を使います。

この「ページ解析」という機能、実は以前までgoogleアナリティクス標準搭載だったのですが、2017年の変更で、googleクロームの拡張機能になっています。

 

しかも、googleアナリティクスで設定を変更してから、googleクロームの拡張機能を入れる必要があるという手間っぷり。

う~ん、めんどくさい(笑)

とりあえず「ページ解析」を有効化するところからはじめましょう。

ページ解析の有効化手順

ページ解析を有効化するには、まずgoogleアナリティクスの画面左下の「管理」⇒「プロパティ設定」とクリックしていきます。

なお、今回は手順が少しややこしいので、以後の画像の手順は連番で書いていきます。

 

ページ解析の有効化手順

 

プロパティ設定の変更をしていきます。

 

ページ解析のためにプロパティの設定を変更する。

 

まず、ページ解析という項目の「拡張リンクのアトリビューションを使用する」をオンにします。

ページ解析を開始の項目は「レポート内表示」にチェックが付いていることを確認します。

この設定で「保存」をクリックしたら、赤枠内のリンクをクリックします。

 

アナリティクスのヘルプページが表示されるので、続いても赤枠内のリンクをクリックします。

 

googleアナリティクスのヘルプページ

 

クリックすると、クロームウェブストアが開くので、手順に沿って拡張機能を追加していきます。

 

クロームウェブストア内の操作

 

これでgoogleクロームに「ページ解析」の機能が追加されました。

 

ページ解析が有効化できた

 

以降、リンクが貼ってあるページでこのアイコンをクリックすると、ページ内のリンクのクリック率がわかります。

 

リンクのクリック率が表示された画面は?

クリックされたリンクが色別にハイライトされます。

緑色はクリック率が低いリンクで、黄色⇒赤に向かうにつれて、クリック率の高いリンクということになります。

 

また、小さいですが、クリック率は数字でも表示されています。

そして、クリックされていないリンクはハイライトされません。

おわりに

今回は、googleアナリティクスで効果的なアフィリエイトリンクの位置を知る方法をご紹介してきました。

 

この方法で、クリック率の低いアフィリエイトリンクが判明したら、それは思い切って消してしまうのも有効です。

なぜなら、そこの位置にあるアフィリエイトリンクは、訪問者が望んでいないものだから。

 

望んでいないリンクを残して僅かなクリックを得るよりも、訪問者の意思に沿ったリンク配置にしたほうが、成約もしやすいです。

購入に至らない10のクリックよりも、購入に至る1のクリックを優先しようということですね!

 

訪問者に好まれるブログは、SEO的にも好まれます。

ある程度ブログが大きくなってきたら、効果的なアフィリエイトリンクだけを残してスッキリさせていきましょう。

それでは、今回はこのへんで。