アフィリエイトでは趣味の「旅行」ですら、お金を稼げる記事になる

こんにちは、宮瀬です。

 

実はつい先日、伊豆大島に旅行に行ってきました。

そのときの旅行では、食べ物が特に印象に残ったので、伊豆大島のグルメに関する記事を書いてみました。

伊豆大島のおすすめグルメは?べっこうやラーメン、スイーツも!

 

で、この記事を書いているときに思ったことがあります。

それは、

「あ、こういう記事をまとめたブログって面白いな」

ということです。

 

今回は、趣味の旅行ですら、お金を稼げる記事になってしまうアフィリエイトについて、その理由を見ていきます。

なぜ趣味の旅行ですら、お金を稼げる記事になるの?

あなたが仮に、京都に旅行に行ったとしましょう。

そこでは、良かったことや残念だったことが起こったと思います。

そして、その内容を記事にしました。

 

○○というお店は、ネットでは営業中ってなっているけど、今の時期はやっていないみたいだよ。

とか、

○○から□□に行ったけど、途中で△△にも寄れるコースがあったみたい!

とかですね。

 

で、これから京都への旅行を考えているAさんが居るとします。

旅行に行く前は、できるだけ効率的に名所を回れたり、たくさんのお店にいけたりするようにルートを考えますよね?

 

要するに、旅行では失敗したくないわけですよ。

そこでAさんは、京都旅行について、アレコレ調べるわけです。

 

そして、あなたのブログにたどり着きます。

そこには

  • 実際のお店の営業情報
  • ○○から□□までの間に、△△に寄れるコースがあるという情報

などが書かれています。

 

京都旅行を考えているAさんは、恐らくあなたのブログの内容に、しっかり目を通すでしょう。

だって、失敗したくないですからね。

 

で、最後まで読み進めたところに、サラッと

「コスパ最高!大満喫のおすすめ京都ツアーはこちら!」

というリンクがあったら、どうでしょうか?

もちろん100人中100人はクリックしませんが、結構クリックされそうな感じがしませんか?

 

そして、実際にAさんはこのリンクが気になり、クリックしてみることに。

紹介されているツアーの内容は、なるほどコスパが良くて、自由時間に好きな所も回れる感じです。

そして、そのまま予約(あるいは、検討して後ほど予約)ということになれば、あなたにアフィリエイト報酬が発生することになるのです。

 

ここまでの流れを見てみましょう。

  • あなたが、京都旅行の良かったところ、残念だったところを書く。
  • 京都旅行を考えているAさんが、あなたのブログにたどり着く。
  • 失敗したくないAさんは、あなたのブログ記事をよく読む。
  • 最後に、良さそうな京都旅行にのツアー情報がある。
  • Aさんがクリックして予約。
  • あなたにアフィリエイト報酬が振り込まれ、Aさんも満足の旅行ができる。

 

これはつまり、あなたがAさんにとって、ためになる情報を発信したからに他なりません。

わかりやすく言えば、あなたの記事がAさんの旅行の失敗を防いだということになります。

 

そして、さらにAさんにとって良い情報「コスパの良い京都ツアー」を提案しました。

Aさんはその提案内容に納得して、実際に旅行を予約したのです。

 

今回の流れをメッチャ簡潔にすると

「あなたが京都旅行の情報をAさんに与え、あなたの提案をAさんが呑んだ」

ということになります。

 

つまり、情報提供の対価として、あなたはアフィリエイト報酬を受け取れるということです。

これが、アフィリエイトでは趣味の旅行ですらお金を稼げる記事になる理由です。

旅行系のキーワードは、結構狙い目?

では、実際に旅行系のキーワードは稼げるのかというところを見ていきましょう。

まずは需要ですが、旅行の需要は言わずもがなですよね?

 

ですので、ライバルがどうかを見ていきましょう。

旅行関連キーワードの競合についての図

 

「旅行 比較サイト おすすめ」

という、成約率も高そうなキーワードのintitleが809,000件に対し、allintitleが71件です。

これは狙い目キーワードといえますね。

 

こんな良いキーワードが狙い目になっているので、参入の余地はありそうです。

 

また、もう少しニッチなところでは

「タイ ベトナム 旅行 比較」

というキーワードは、intitleが60,900件に対し、allintitileが6件と、もうガラガラです。

しっかりとした記事を書けば、検索結果の10位以内に表示される確立が非常に高くなります。

 

検索需要がありそうなところでは

「沖縄 グアム 旅行 比較」

というキーワードもallintitileが5件なので、ガラ空きですね。

 

つまり、需要があるキーワードかつ、参入の余地があるジャンルといえます。

 

また、目的地によっては、新しいお店が出店している場合もありますよね?

そんな時は、ライバル不在のキーワードも狙えるわけです。

 

これはつまり、そのお店がテレビなどで紹介されれば、多くのアクセスを呼び込める可能性もあるということです。

 

ということで、私自身この記事を書きながら

「旅行って、良いジャンルだな」

なんて思いました(笑)

 

旅行系のキーワードは、結構狙い目だと思います。

おわりに

今回は、アフィリエイトでは趣味の「旅行」ですら、お金を稼げる記事になるということで、その理由を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

趣味でお金を稼げるとは、良い時代になりましたよね。

で、アフィリエイトで稼いだお金でまた旅行に行って、またお金が稼げて・・・

と、ブログがうまく回り始めれば、こんな生活も可能なんですよね。

 

ちなみに今回、キーワードのライバルチェックで使ったのは【キーワードスカウターS】というツールです。

このツールは、キーワードの競合を調べることができる、非常に便利なツールです。

価格も5,000円程度ですので、まだお持ちでない方は、この機会に導入を検討してみてください。

 

キーワードスカウターSがあるのとないのでは、ライバルにも差をつけられてしまうかもしれませんよ。

キーワードスカウターS

 

では、今回はこのへんで。