アフィリエイトを休むときは、休んだ後が肝心!3つの復帰方法とは?

こんにちは、宮瀬です。

 

前回の更新から少し時間が空いてしまいました。

実は私、大学時代の友人と、伊豆大島へ旅行に行ってたんです。

伊豆大島旅行では、天気に恵まれなかったため、食べ物が特に印象に残りました。

伊豆大島のおすすめグルメは?べっこうやラーメン、スイーツも!

 

アフィリエイトも大切ですが、人生を楽しむことはもっと大切です。

ということでアフィリエイトは数日間休むことになったわけですが、一度休んでしまうと、復帰が難しいのもアフィリエイトの特徴のひとつですね(笑)

 

なんとなーくお休み気分が抜けなくて、記事の更新ができないこともあると思います。

でも、更新しないと、やっぱりアフィリエイトで稼いでいくことは難しいです。

 

ですので、アフィリエイトを休むときは、休んだ後が肝心になってきます。

そこで今回は、実際に私も実践している、アフィリエイトを休んだ後の復帰方法というか、やる気の回復方法について、お話していきたいと思います。

アフィリエイトを休んだ後の3つの復帰方法とは?

アフィリエイトを休んだ後の復帰方法は、3つあります。

  1. 休む言い訳を無くす。
  2. 情報をインプットしてみる。
  3. 手を動かしてみる。

では、順に解説していきます。

休む言い訳を無くす。

人は、行動しないための言い訳があると、行動できないものです。

ついつい自分に甘くなってしまうんですよね。

 

そこで、「休む言い訳を無くす」というのが、効果的です。

具体的には、疲れたなら休む、遊びたいなら遊ぶということです。

 

今回の私のケースで言うと、

「伊豆大島でたくさん遊んだから疲れた。」

という言い訳ができます。

だから、帰宅後の1日は、アフィリエイトを休みました。

 

そうすると、もう言い訳は出来なくなります。

次の日も、やる気が出ないことがあるかもしれませんが、

「今日もやる気でないなー。でも、1日休んだよなー

と、ある種の罪悪感のようなものを感じます。(笑)

 

この罪悪感の気持ち悪さから、

「少しだけやるか・・・」

となれば、もう大丈夫!

手を動かせば、アフィリエイトに復帰できます。

情報をインプットしてみる

アフィリエイトをする時に一番エネルギーというか、やる気が必要なのは「記事を書き始めること」だと思います。

アフィリエイトを休んだ後は、なんだか「記事を書き始めること」がおっくうになったりします。

 

そこでオススメなのが、「情報をインプットしてみる」ということです。

あなたがアフィリエイトしているテーマは、恐らく多少なりとも興味のあるテーマだと思うので、情報をインプットすることは、そんなに難しくないでしょう。

 

正直、アフィリエイトを休んだ後、さらにダラダラしながらでもできます(笑)

 

自分がアフィリエイトしているテーマについて情報を検索したり、本を読んだりすれば、知らなかったことが知れるはずです。

そうすると、なんだか記事を書きたくなってきませんか?

 

この「記事を書きたい」という欲求が出てきたら、あともう少しでアフィリエイトに復帰できます!

次の1手が、実際に「手を動かしてみる」ということです。

手を動かしてみる

こちらの記事にも書きましたが、実際に手を動かして作業することほど、アフィリエイトのやる気を復活させる方法はないと、私は思っています。

アフィリエイトでモチベーションを保つ、たったひとつの方法とは?

(アフィリエイト中級者以上に向けた記事なので、内容が少し難しいかもしれません)

 

情報をインプットしてみて、記事を書きたいという欲求が出てきたら、少し面倒でも、その欲求を叶えてあげましょう。

手を動かして記事を書き始めることで、アフィリエイトの習慣が戻ってきます。

スグにとは言いませんが、3日も経てば、アフィリエイトを休む前と同じ感覚が戻ってくるでしょう。

 

ぶっちゃけ、情報をインプットしなくても、記事を書き始めればやる気は戻ってきます。

でも、「記事を書きたい」という欲求を自分の中に抱かせる(=自発的に行動する)ことが大切だと思うので、アフィリエイトを休んだ後はまず、「情報をインプットする」ことをオススメします。

 

以上、アフィリエイトを休んだ後の復帰方法を3つ、ご紹介しました。

 

最後に、アフィリエイトを休んでいいタイミングについても、お話したいと思います。

アフィリエイトを休んでいいタイミング

人生を楽しむことは大切です。

しかし、アフィリエイトはビジネスですので、むやみに休んでも良くありません。

 

そこで、私が考える

「アフィリエイトを休んでいいタイミング」

のお話をしたいと思います。

 

私が考える、アフィリエイトを休んでいいタイミングは、

  1. 他にどうしてもやりたいことがあるとき。
  2. アフィリエイトが苦痛に感じるようになったとき。

の2つです。

他にどうしてもやりたいことがあるとき。

他にどうしてもやりたいことがあるときは、そちらを優先してもいいでしょう。

なぜなら、他にどうしてもやりたいことがあるときは、記事に集中できないからです。

 

復帰方法の1つ目でもご紹介しましたが、人は言い訳ができると、自分に甘くなります。

「とりあえず記事は書いたから、これでいいか。だって他にやりたいことあるし。

こんな感じで書かれた記事が、果たしてブログ訪問者のためになる記事となっているでしょうか?

 

ですので、他にどうしてもやりたいことがあるときは、そちらを優先した後で、集中して記事に取り組めるようにしましょう。

アフィリエイトが苦痛に感じられるようになったとき。

アフィリエイトが苦痛に感じてきたら、是非休みましょう。

アフィリエイトは何よりも「続けること」が大切で、難しいのです。

 

ですから、苦痛に感じるようになったら、思いっきり休んでいいと思います。

これは「むやみに休む」というよりも、「療養」という感じで捉えてください。

 

アフィリエイトが苦痛になった場合は、週一回の更新でもいいです。

とにかく、無理のない範囲で続けながら、苦痛を感じなくなるまで、たくさん休むといいと思います。

 

で、タイミングを見て、今回ご紹介したアフィリエイトを休んだ後の3つの復帰方法を実践してみるのも良いでしょう。

おわりに

アフィリエイトは、何日間か休んでしまうと、復帰が難しいというのは、事実としてあります。

実際に、慣れてきた私でも、とても強く感じています。

しかし、今回ご紹介した方法で、ある意味自分をコントロールすることで、アフィリエイトのやる気も取り戻すことができます。

 

時にはアフィリエイトを休むことも大切ですが、休んだ後が肝心だということも、ぜひ覚えておいてください。