マーケティング用語の80対20の法則とは?パレートの法則を解説!

こんにちは宮瀬です。

 

アフィリエイトなどのマーケティング業界で使われる「80対20の法則」。

この法則は、発見者の名前から別名「パレートの法則」と呼ばれます。

 

さて、この法則。

なんとなく聞いたことはあるけれど、実はよく知らないということもあるでしょう。

そこで今回は、80対20の法則(パレートの法則)についてご紹介していきます。

マーケティング用語の80対20の法則(パレートの法則)とは何か?

80対20の法則とは、

  • 売り上げの80%を、売り場の全体の20%の商品が占める。
  • 会社の売り上げの80%を、20%の社員が支えている。
  • 利益の80%を、20%の顧客から得ている。

などといった、社会の中にある数字の法則のことです。

 

80対20の法則の図

 

19世紀にイタリアの経済学者であるパレートさんが

「80%の富を、人口の20%が保有している」

ということを発見してから知られるようになったため、パレートの法則とも呼ばれています。

 

おもしろい例で言うと、昆虫の「アリ」の例もありますね。

(あ、ダジャレになってしまった!)

 

「アリ」というと働き者のイメージがありますが、実はよく働くのは巣の中の20%なのです。

じゃあ残りの80%は何をしているかというと、時々サボったりずーっとサボったりしています。

でもこれ、アリが生き残るために必要な戦略なんです。

 

よく働くということは、ケガや死亡といったリスクがつきまといます。

たとえば、アリクイの集団が襲ってきたとしましょう。

 

もし全体の100%がよく働いていたとしたら、ひとつの巣のアリが全滅してしまうかもしれません。

でも、80%がサボって巣の中にいたら、仮に20%が全滅したとしても、80%は残っています。

80%も残っていれば、巣を立て直すには充分です。

 

このように80対20の法則(パレートの法則)は、マーケティングに限らず、社会の様々な場所で起こっている数字の法則なのです。

ある意味、世界の決まりごとのようなものとも言えますね。

80対20の法則は、ネットビジネスには存在しない?

実店舗では、売り場や棚の制限、在庫コストなどから、今でもパレートの法則が適用されています。

売り場にある商品の20%が、お店の売り上げの80%を占めています。

しかし、ネットビジネスでは、その限りではありません。

 

それを象徴するのが、アフィリエイトでもよく耳にする「ロングテール」という言葉です。

ロングテールとは、

売り場にある残りの80%もしっかり売っていくよ!

というマーケティング戦略です。

 

残りの80%からもしっかり売上が出るため、先ほどの80対20の図は、下のように変化します。

 

ロングテールの図
ロングテールの図

 

このロングテールを実際に使っているのが「アマゾン」などのネットショップです。

ネットショップでは実店舗がないため、売り場や棚の制限がありません。

また、巨大な倉庫を持っているので、在庫のコストも軽減されます。

 

1年に1度しか売れない商品でも、ネット上に商品を掲示しておけば、販売機会を失うことなく売っていけます。

現在、アマゾンには1億以上もの商品が取り扱われているので、こうした1度の売上が、莫大な利益になるのです。

 

アフィリエイトでは「ロングテールキーワード」というような使い方をされます。

ロングテールキーワードとは、競争が激しいキーワードではなくて、2語・3語を組み合わせた「あまり検索されないキーワード」のことです。

 

あまり検索されないキーワードにはライバルが少ないので、検索エンジンで上位表示がしやすい傾向にあります。

月に1度しか検索されないキーワードでも、そのキーワードで上位表示されていれば集客が見込めます。

そして、他のロングテールキーワードも狙った記事がいくつもあったら、どうでしょう?

 

「チリも積もれば山となる」

という言葉のように、着実に集客していくことができます。

そして、サイトの評価が少しずつ上がることで、競争が激しいキーワードでも上位表示させていくことが可能になるのです。

 

このように、実世界ではパレートの法則が適用されていますが、在庫を持たないネットビジネスの世界では「ロングテール」も重要な意味を持ってくるのです。

おわりに

今回は80対20の法則(パレートの法則)から、ネットビジネスで重要なロングテールまでをご紹介しました。

実際、アフィリエイトをしていると、アクセスの80%が、書いた記事全部の中の20%から発生していたりします。

 

ただ、アフィリエイトでは内部リンクなどで自分が読んで欲しいページへ誘導することができますので、残りの80%の記事もしっかり活かすことができるのです。

 

ですので、アフィリエイトでは書いた記事、書けた時間が無駄になるということはありません。

書けば書くだけ、より多くのアクセスを拾ってこられます。

大げさですが、アフィリエイトなどのネットビジネスには、世界の法則も凌駕してしまうような力があることを知っておきましょう!