【2017最新】googleアナリティクスの見方を詳しく解説!

こんにちは、宮瀬です。

 

googleアナリティクスの基本操作といえば、レポートの表示です。

しかし、googleアナリティクスには専門用語が多くて、イマイチ使い方や見方がわからないと思います。

そこで今回は、googleアナリティクスの画面の見方について、ご紹介していきます。

 

なお、googleアナリティクスの画面は2017年になって新しくなったので、新くなった画面でのご紹介です。

宮瀬隼人宮瀬隼人

googleアナリティクスの導入が済んでいない場合は、以下の記事を参考にサクッと導入していきましょう!

googleアナリティクスの設定~トラッキングコードから導入まで~

googleアナリティクスのホーム画面の見方は?

まず、googleアナリティクスを開くと、ホーム画面が表示されます。

 

googleアナリティクスのホーム画面

 

左上に表示されている「プロパティ」の「ビュー」のアクセス解析内容について、見ることができます。

プロパティというのは、自分のブログの名前です。

 

宮瀬隼人宮瀬隼人

googleアナリティクスでは、1つのアカウントにつき、50個のプロパティを設定することができます。

つまり、50個までのブログについて、アクセス解析ができるということです。

「ビュー」というのは、自分が決めたルールに沿った情報収集ができる設定なのですが、アフィリエイトでは特に気にしないで大丈夫です。

レポートメニューというのは、レポート(アクセス解析画面)の種類を指定するメニューです。

  • ホーム
  • カスタム
  • リアルタイム
  • ユーザー
  • 集客
  • 行動
  • コンバージョン

という種類がありますが、わかりづらいので詳しく見ていきます。

ホーム

ホーム画面を表示します。

2017年に新しくなった画面では、ホーム画面でもアクセス数やリアルタイムの訪問者が表示されるようになりました。

カスタム

自分が作ったオリジナルのレポートを登録できます。

リアルタイム

リアルタイムの訪問者数が表示されます。

動きがあるので、おもしろいです。

ユーザー

訪問者の特徴(都道府県、モバイルorデスクトップなど)がわかります。

新規の訪問者なのか、リピーターなのかもわかります。

集客

自分のブログが検索されたキーワードや、どこからアクセスがあったのか?(検索エンジンorSNSなど)がわかります。

自分のブログが、どのようにして集客できたのかというレポートです。

行動

ブログ訪問者の、ブログ内での行動がわかります。

どのページを読んだとか、どのページが人気なのかもわかります。

どのページでブログを閉じてしまったのかもわかります。

コンバージョン

コンバージョンとは、目標のことです。

自分で目標を設定すると、目標達成に至った訪問者の行動などがわかります。

目標は例えば、商品紹介ページへの訪問などですね。

googleアナリティクスのレポート画面の見方は?(上部)

それでは、レポート画面の見方をご紹介します。

表示するレポートによって多少異なりますが、だいたい下の画像のような画面が表示されます。

 

googleアナリティクスのレポート画面1

 

①レポート名

今見ているレポートの名前が表示されています。

②小メニュー

いくつかのメニューが並んでいます。

  • カスタマイズ:カスタムレポートを作成できます。
  • メール:表示されているレポートをメールで送信します。
  • エクスポート:表示されているレポートをエクセルなどのデータで書き出せます。
  • マイレポートに追加:表示されているレポートをマイレポートに追加できます。
  • ショートカット:表示されているレポートをショートカットに追加できます。

③セグメントを追加

表示されているレポートの中で、

  • コンバージョンに至ったユーザー
  • リピーター
  • 検索トラフィック

といったアクセスの分類を表示します。

④エクスプローラー

クリックすることで目的に合わせたレポートを表示することができます。

⑤指標を選択

表示されているレポートの指標となるものを選択します。

⑥期間

表示するレポートの期間です。

クリックすると、レポートを表示する期間が変更できます。

例)過去30日間など

⑦日週月ボタン

グラフの表示単位を変更します。

レポートを表示する期間を変更するものではないので、注意してください。

⑧グラフの変更ボタン

グラフの種類を「折れ線」「分布」で切り替えることができます。

googleアナリティクスのレポート画面の見方は?(下部)

googleアナリティクスのレポート画面2

①セカンダリディメンジョン

指標を追加して、表示中のデータを絞り込めます。

②並べ替えの種類

「変化量」や「加重」といった項目で並べ替えることができます。

③検索バー

データの中から、キーワードで目的のものを探せます。

④アドバンス

検索条件の設定が表示されます。

⑤レポート形式変更ボタン

一覧の表を、円グラフや棒グラフなどに変更できます。

⑥表示する行数

レポートを表示する行数を変更します。

⑦前後のページ

表示する行数によっては、1ページに入りきらないこともあります。

その場合に、ここをクリックすると前後のレポートを表示できます。

おわりに

今回はgoogleアナリティクスの見方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

たくさんのボタンや項目をご紹介しましたが、アフィリエイトで見るべき項目は、この中の極わずかです。

アフィリエイトの場合は、以下の記事でご紹介している項目で、ほとんど用は足ります。

googleアナリティクスで自分のブログを見ている人を確認する方法

googleアナリティクスでブログの訪問者の行動を知る方法とは?

ブログの訪問者がどこから来たかわかる方法を紹介【googleアナリティクス】

googleアナリティクスで効果的なアフィリリンクの位置を知る方法

 

ただ今回は「googleアナリティクスの見方の解説」ということで、詳しくご紹介させていただきました。

また、googleアナリティクスの見方が分かっても、余計なデータが入ってしまうと、正確なアクセス解析ができません。

 

海外からのアクセスや、自分のアクセスは必要がないデータなので、googleアナリティクスのデータから除外する設定をしておきましょう。

googleアナリティクスで海外からのアクセスを除外する方法は?

googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法

 

それでは、今回はこのへんで。